ピュアレーヌでニキビを治す効果的な使い方

何度治しても次々に出来てしまう大人ニキビや、凸凹や黒ずみになって残ってしまう頑固なニキビに跡に高い効果があるとして、ニキビに悩む女性たちの間で「ピュアレーヌ」というニキビケアジェルが人気を集めています。

 

そんなピュアレーヌですが、実は普通に使っているよりもさらに効率よくニキビを改善できる、とっておきの使い方があるんです!

 

今回は、ピュアレーヌを効果的に使うコツについて書いていきたいと思います。

ニキビにより効果のある使い方

ここでは、ピュアレーヌの効果を適切に得るための、基本的な使用手順について書いていきたいと思います。

①顔をきれいに洗顔する

お肌や毛穴に汚れや皮脂が残っていると、そこに雑菌が繁殖してニキビの原因になってしまう事があるため、ピュアレーヌを使う前には必ず丁寧に洗顔を行ってから使用するようにしましょう。

②50円玉位の量を手に取り顔に馴染ませる

あまりジェルの量が多すぎると、毛穴が詰まってしまったりする事があるため、ピュアレーヌは顔全体に50円玉大程度の量で十分です。

 

顔に円を描くようにマッサージをしながらジェルを馴染ませたら、余った薬液はコットンやティッシュなどで軽くふき取ってしまいましょう。

私が試して本当に効果があった使い方

ここでは、私が実際に試してみたピュアレーヌを使ったニキビケアのアレンジ法をご紹介していきたいと思います。

頑固なニキビやニキビ跡には重ね塗りをする

顔全体にジェルを厚く塗るのはオススメしませんが、ニキビやニキビ跡には2度~3度重ね塗りをするのがオススメです。

 

重ね塗りをするとその部分のターンオーバーが促進され、ニキビ跡も綺麗に治していく事が出来ます。

ジェルを手のひらで温めてから顔につける

めんどくさいとついついジェルを手にとってすぐに顔に塗ってしまいがちですが、顔につける前に一度両手の平でジェルを挟み、軽く温めてから塗るとジェルの伸びや馴染みが良くなります。

 

寒い時などはジェルが硬くなって肌を摩擦してしまう可能性もあるので、お肌の弱い方はジェルを体温で柔らかくしてから顔につけていきましょう。

ピュアレーヌを全身に使う

ピュアレーヌは全身に使えるニキビケアジェルなので、大人ニキビが発生しやすい冬場などの乾燥する時期には、乾燥&ニキビ対策として全身に使用していくのもオススメです。

ニキビを治したい人がピュアレーヌを使う時に注意する事

最後に、ピュアレーヌを使用する際に注意するべき事について解説を行っていこうと思います。

ジェルを塗りすぎてはダメ

ピュアレーヌのジェルには水分の蒸発を防ぐ水分のバリアを張る効果があり、これが乾燥による大人ニキビの予防や治療に役立ちます。

 

しかし、ジェルを厚く塗りすぎてしまうと毛穴が蓋をされてしまい、皮脂が詰まって皮脂性のニキビを発生させてしまう可能性があるため、適量である50円玉大は出来るだけ守るように心掛けましょう。

ピュアレーヌを使う前の洗顔は丁寧に行う事

ピュアレーヌを顔に塗っていく際に、毛穴などにメイクや皮脂汚れが残っていると、そこにニキビの原因であるアクネ菌などの雑菌が繁殖してしまいます。

 

また、逆に綺麗にしようと思って肌を強く擦りすぎてしまうと、肌に傷が付いてそれも雑菌の温床になる可能性があります。

 

そのため、ピュアレーヌを使用する前の洗顔には出来るだけ時間をかけるようにし、毛穴の汚れを丁寧に優しく落としてからピュアレーヌを塗っていくようにして下さい。

生活習慣の乱れに気をつけよう

ピュアレーヌは乾燥や肌ダメージなどの外的なニキビの原因を取り除くのには非常に効果的ですが、睡眠不足や食事の偏りなどのニキビの原因まではカバー出来ません。

 

ニキビを早く確実に治していくためには生活習慣を正す事が一番ですので、ピュアレーヌを使用してもなかなか効果を実感出来ないという場合には、まずは自分の生活サイクルを見つめ直す事から始めてみましょう。

 

ピュアレーヌの口コミはこちら>>

 

お試し1,980円が最安値でした!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ